2015年09月06日

スキンヘッドはネオナチを連想させる?

こんにちは

本日は「スキンヘッド」についてのお話


8a7a84979709ce59c948ba7b50ecd733_s.jpg
日本語でスキンヘッドと聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?


先日アメリカ人に"Skinhead"という言葉を使ったところ、ネオナチを連想すると言われました。

何故ネオナチを連想するのか

1960年代頃にスキンヘッドがサブカルチャーとして始まったと言われています。その時は"British mod" "Jamaican rude boy"などに属している人たちがしていたようです。"British mod"の"mod"はモダニストから来ている言葉で、"Jamaican rude boy"っはジャマイカで不良少年を意味する言葉です。どちらもスカ、ソウルといった音楽のジャンルと関係がありました。

この時点ではナチを意味するわけではなかったようです。
しかし、ゲイやヒッピーであるとしてバッシングを受けることはあったようです。


1972年にスキンヘッドにする人がいなくなったようですが、1970年代後半に再び現れます。
この時にはNational Front, British Movement, Rock Against Communismなどの白人至上主義、反共産党の団体などがスキンヘッドにしたために、メディアがスキンヘッドの人はネオナチであるという風に言いだしたようです。

2007年時の調べではメキシコからの移民に反対するためにネオナチの動きが活発になっているとなっています。

当初は音楽との関わりがあったようですが、1970年代後半にスキンヘッドの白人至上主義者や反共産党の団体などが増えてしまったがために、主要なメディアの媒体が「スキンヘッド=白人至上主義・反共産党」と決めつけてしまい、そのイメージが今でも続いているということのようです。



posted by youtubeer at 20:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。