2018年11月06日

【落葉樹】英語で何?

こんにちは

高野山に行ってきたのですが、紅葉の見ごろを迎えていました。
高野山までは高野竜神スカイラインを使いましたが、
道中景色を楽しむことができるためかなりおすすめです!

1b4c51b8bf5c5010056223cd52dab5db_s.jpg

皆様は山が色づく仕組みご存知でしょうか?

とても簡単なことですが、葉が木から落ちる前に色づきますよね。
秋から冬にかけて一度木から全ての葉を落とす木を「落葉樹」と呼びます。
モミジやイチョウなどが代表的ですね。

冬になっても葉を落とさない木は「常緑樹」と呼びます。
「常に緑の樹」・・・・そのまんま。

d3cb846e99a89c5a36e773a97cb788d1_s.jpg

常緑樹も葉が落ちるのですが、一度に全ての葉を落とすのではなく
葉もついている状態で落とすので、常に葉があるように見えるだけです。
そのため、常緑樹にも紅葉するものがあります。

ちなみに、
紅葉しているのが赤色に見えるのはアントシアニンという色素で、
黄色に見えているのはカロチノイドという色素が見えるからです。
緑色に見えているのはクロロフィルという色素が見えるからです。


豆知識はここまでで、
タイトルの話に戻りますが、
「落葉樹」は英語で
"deciduous tree"と言います。
発音はディスィジュアスって感じです。
deciduousは「落葉性の」や「葉・歯・角などが落ちる」という意味があります。

そのため、"a deciduous tooth"で「乳歯」になります。

「常緑樹」の表現もきになりますよね。
"evergreen"です。覚えやすいですね。

本日はここまで!

紅葉を楽しむときには
是非仕組みを思い出しながら見てくださいね!






posted by youtubeer at 15:07| 東京 ☔| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。